福岡のイベント情報2017年

2017の福岡のイベント情報や面白い場所を紹介!イベント・クラブ・街コンやパーティの詳細まとめ。楽しい仮装や子供と楽しく安全に遊べる場所はどこ?デートや友達づくりができるイベント、レンストランや居酒屋を紹介します!今年の小倉、久留米、福岡市内のイベントが行われているのかチェック!休日での家の過ごし方や彼女へのプレゼントを紹介、夫婦で新しいものを見つけよう!出会いがない方も必見!福岡の空港や博多、天神の駐車場の使い方。

ハロウィン2016 最低限知っておきたい知識

スポンサーリンク

ハロウィンまで近づいてきて、そろそろ肌寒い季節になってきましたね。

 

ハロウィンといえば秋、秋といえばハロウィンみたいな感じで日本ではもうなくてはならない大きなイベントになってますね。

最近急激にハロウィン熱が高まっています。

 

そこで原点に帰ってそもそもハロウィンかぼちゃの由来や意味、起源や発祥について見てみたと思います。

 

ハロウィンかぼちゃの由来や意味は??

 

ハロウィンの代名詞といえばかぼちゃを思い浮かべる人も多いとおもいます、意味などあるのか、わからない人も多いとおもいます。

 

くりぬかれてたかぼちゃに、お化けのような顔、その中にろうそくが入ったものを「ジャック・オー・ランタン」などと言います。

 

ちなみに、日本語では「ランタン持ちの男」という意味になります。

 

家庭で行われるハロウィンは、かぼちゃを家の戸口の上がりだんにおくみたいです。

 

かぼちゃの由来は様々な説があるみたいです。

 

 

ジャックと言う人物がいて、人を騙してばかりの生活をしてました。

 

ジャックは、自分が地獄に落ちないように、悪魔を騙して契約しますが、天国の門をくぐることを拒否されてしまいます。

 

天国にを地獄にも行けなくなり、さまようジャックの魂が、カブに憑依して、この世を彷徨い続ける姿が、「ジャック・オー・ランタン」の由来となっています。

 

またアイルランドスコットランドで鬼火のような存在として伝承されましたが、アメリカに伝わった後は、生産が多かったかぼちゃのランタンに変化されたと言われています。

 

実際に現在でもアイルランドスコットランドでは、カブが使われています。

 

カブとかぼちゃ全然雰囲気が違いますね。

 

そもそもハロウィンの起源は??

 

毎年、行われるハロウィンは10月31日は、起源はケルト人だと言われています。

 

ケルト人の1年の終わりは10月31日で、この日は夏の終わりの意味があったそうです。

 

そして冬の始まりであり、亡くなった人の霊が家族に尋ねてくる信じられていました。

 

同じ時期に、悪霊や魔女なども出てくると言われ、魔女たちから身を守るために、仮面を被り、日をたく習慣があったとされています。

 

同日、キリスト教万聖節の前夜祭があり、亡き人を祭るカトリックの行事をハロウィンと呼んでたみたいです。

 

呼び名の元は「All hollw`s Eve」と呼ばれてた見たいです。

 

大晦日は国によって違うんで、文化の違いがあり面白く感じました。

 

 

またはヨーロッパの民族行事説などもありますね。

気になる方はいろいろ調べてみてください。

 

ハロウィンの発祥は??

1番の有力情報は、アイルランドかイギリスではないのかと言われています。